« 投票行かれました?~福岡市長選 | トップページ | ネット空間とテレビ空間 »

2010年11月15日 (月)

希望を感じた、福岡市長選

このblogの中でも、何度か触れてきた福岡市長選。

昨日、元ニュースキャスターの福島宗一郎氏が当選となりました。

8人の立候補者の皆さん、支えた方々、お疲れ様でした。


とても残念だったのは、自民党・民主党の次期政権獲得のための

代理戦争になっていたこと。

立候補者全員が無所属の地方市長選に

中央から連日くるわくるわ、自民・民主のお顔の知られた方々。

市民そっちのけ…と感じたのは私だけでしょうか?


それらと関係があるかないかは知る由もありませんが、

マスコミの偏りある報道姿勢。

それは排除といっていい程のものでした。

視聴者は四六時中テレビに張り付いているわけではありませんから、

顔も名前も、ましてマニフェストなんて、認識されず終わった候補者もいるはずです。




そのような後ろ盾がないものにとっては 過酷な選挙戦に、

真っ向勝負を挑んだ若者が、私も応援していた 内海あきのり氏でした。

内海氏は32歳、無名でありながら、古い政治打破、ホンモノの民主主義創建を

ひるむことなく訴え続けました。

マスコミも敵にまわして…すごい勇気だと思うのです。

これは、諦めの心が蔓延する現実の中で、市民の、特に若者に、

希望や勇気を与えるものだったのではないでしょうか?


結果としては、市長という肩書きを得ることは出来ませんでしたが、

市民の1%である5410人の方の足を投票所へ出向かせました。

初めての出馬、出馬表明からたった1ヵ月ということも考えれば、

これは成功と言えるのかもしれないと思います。

新しい選択をした、希望の種の5410人。

彼のメッセージ・ビジョンを聞いて、心に、魂に響いた、

ということではないのか…と。


社会が変わるのに必要な数字は1%と言われています。

この1%、希望の種を、しかっり育て、

第二の明治維新を興してくれる人だと、私は確信しています。

今後も応援していこうと思います。




温かいメッセージを下さった方、応援してくれた方、

本当にありがとうございました。



« 投票行かれました?~福岡市長選 | トップページ | ネット空間とテレビ空間 »

日常徒然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512398/50041982

この記事へのトラックバック一覧です: 希望を感じた、福岡市長選:

« 投票行かれました?~福岡市長選 | トップページ | ネット空間とテレビ空間 »

フォト
2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

イベント

これから

最近のトラックバック

無料ブログはココログ