« 2009年12月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月28日 (日)

出発をチェンジ

何かを変えたい

…が「ワタシ」や「家族」「パトナーシップ」であっても

「地域」や「組織」、「日本」や「世界」、「時代」であっても

出発をチェンジする、ということは一緒ですね

まぁ、繋がってるって言うか、ひとつだし

当たり前ではあるんだけど。。。

今ここのイメージの1℃のずれが

自分の 日本の 未来にどれほどのずれを生むことか

イメージして欲しい

1人が幸せそのものになること

1人が希望そのものになること

1人が心スッキリになること

アナタが希望です

3月6日、お会いしましょう

語り合いましょう

始まる! JAPAN DREAM時代

3_6

2010年2月26日 (金)

危機を感じる力

「危機感がない人が多い」みたいな話になったんですね

で…それって、「イメージ力」が大きいんではないかと…


世界経済危機ですよ

日本経済も危機ですよ

心の問題も 格差の問題も

…って言われてますけど、

ぶちゃけ自分と世界なんて繋がりませんよ


という心もあるもんです


最小単位のアナタの心と

日本、世界、地球、宇宙。。。が繋がってるって言われてもねぇ


ワタシはどの範囲までを「場」、と認識してるかだと思います

何処までを視野に入れて、今を生きているか

自分のイメージ、とでも言いましょうか


例えばライオンが沢山いる空間にいるとしましょう

でも、スポット(光)はAさんを囲む数メートル

そこがAさんの認識する世界

その範囲までしか見てなきゃ、「安全だ」と思うわね

…でも、空間の外の人から見たらエライことです

……食べられちゃいますから!



空間の外にでましょ~

ライオンに食べられちゃうよ~


存在があるっ!って固定している「認識画面」から出ましょ~

心が絡まって苦しいよ~



2010年2月25日 (木)

格差

「格差」と、聞いて、何を思い浮かべますか?

経済格差

所得格差

教育格差

情報格差

治安格差

などなど…


ワタクシ、今日感じたのは、「言葉・行動」の格差

「健在意識からの言葉」と「無意識からのエネルギー」の格差、

とでも言いましょうか

ん~、「分離感」とも言えるかも


通常、私たちは、考えを言葉にして表現してコミュニケーションしてます

時に押さえる考えもあり、言い方を考えてみたり。。。

これらを「意識的」に行っていて

日本人は建前文化

しかも、今はモノや情報が溢れ、

目の前の人が何を考えているか分からない



建前を続けていると、心に分離が生まれます

また、人生経験的に感情を押し殺す、

そういう必然なシーンが多い場合、

感情と表現の分離は加速します

まるで上達するみたいに上手くなって、

やっていることさえ意識できなくなる



今、自分が「感じている」「考えている」と、していること

それが真実だと言えるだろうか?


真の感情の倉庫を「潜在意識」とするならば、

実際の根っこのコミュニケーションのようなものは、

ここでやり取りされます

ま、エネルギーレベルと言うか…


どーんなに正しいことを言っているつもりでも

別のものを相手に与えているとしたら

自分が思っているより、相手が受け取った方が、より近かったりして…



これらが生む問題は、軽く見ても二つ生まれますね

二層式(笑)

まず、本人も意図してないことを相手が受け取る

そして、その勝手に受け取りあった情報・イメージを基に

コミニュケーションするので、根本的に不完全

…限界だ


一掃したいね~ぇ






始まる! JAPAN DREAM時代 第5弾 3月6日

http://www.nr-japan.co.jp/event/index.html

2010年2月23日 (火)

ビジネス…なのか?

「この本に書いてあること、すごいよ」って聞いた本

 「ルポ 貧国大国アメリカ」(堤 未果 著)


教育、医療、防災、そして戦争まで……
 極端な「民営化」の果てにあるものは?

高い乳児死亡率。一日一食食べるのがやっとの育ち盛りの子どもたち。
無保険状態で病気や怪我の恐怖に脅える労働者たち、
選択肢を奪われ戦場へと駆り立てられていく若者たち―
尋常ならざるペースで進む社会の二極化の足元でいったい何が起きているのか? 
人々の苦難の上で暴利をむさぼるグローバル・ビジネスの実相とはいかなるものか。
追いやられる側の人々の肉声を通して、その現状に迫る。

戦後、日本はアメリカを追いかけてきたけれど、

そのアメリカの出口のない現状を書いています


で、連想したのが、日本にもはびこる「貧困ビジネス」

保証人ビジネス、ゼロゼロ物件、

悪質な無料定額宿泊所、インターネットカフェ…

なーんか、もう、国がらみで貧困ビジネスのイメージ


チェンジ。

根こそぎチェンジ。

その余力は日本にしか残されていないんじゃないかな…

2010年2月20日 (土)

どこから判断基準はくるのか

お気に入りの服

よく行くお店


仲良くなる人

パートナー


考え方

思考論理方式

これって間違っているよね

こっちの方が正しいよね



…それらは、ザクッといってしまうと

「アナタの判断基準」ということになります


今、現在を創っているのは

「判断基準の蓄積」と言うことも出来ます


見たり、聞いたり、触ったり…などして(インプット)、

感じたり、話したり、行動したり…などする(アウトプット)


その何らかの発信は、何らかのアウトプットを生み(他者・外部からの発信)、

それをインプット→で、アウトプット。。。

の、繰り返し




ところで、人間、おぎゃ~! と、生まれてきた時に

○○は~あるべき、などという

判断基準(○×のモノサシ)をお持ちになってはいらっしゃらない

…ですよね?

「やっぱ、待ち合わせってキホン5分前集合だよね?」とか

ホームでメロディが流れたら、走って乗ろうとしちゃう、とか

挨拶されたら笑顔で返そう

親切にされたら、お礼を言うべき。。。


そう!

なーんにも、ひとっつも、自分で決めたことなんてないんですっ

出発をお母さんのお腹に宿った時とするなら、

判断基準というのは外界に出てきてから、

すべて他者の影響・環境によって蓄積されています


そして、無意識深く、

それを基準として、更なる判断・審判を繰り返している

考えの奴隷になっているんです


やんなっちゃいますね~

ってか、それって絶望じゃない?

自分では なにひとつ 選べてないんだよぉ~


これには人間脳の錯覚、

5感覚脳の限界があります

だから、蓄積された判断基準をゼロ化するには技術が必要

その限界を突破していく決断も



始まる! JAPAN DREAM時代 第5弾 3月6日

http://www.nr-japan.co.jp/event/index.html

3_6

2010年2月19日 (金)

種まく人♪

今日、入った飲食店にあった絵を見て、

あ~そうか~、と気づきました。


大地、生命感あふれる大きな木が中央にドドーン

そこにとまっている二羽の鳥。


私はよく鳥を描くし、PCや携帯のアドレスにもbirdって入れてるんですが。。。

(あ、タロットの時の名前にも入ってるわ)


境界線のない自由なイメージから…なんだけど、

私自身が無意識的、潜在意識的に、飛び立ちたいのかな?

と、思っていたんですね~


でも。。。と、いうより、

飛んで行って、届けたいんだなぁーと。


絵は空間や時間を越えて 出合えるツール。

溶け合うことが 出来るツール。


私は私の人生を

私の生き方を、つくづく愛しているんだな~

いい選択してるな~ なんて。

届けたいものははっきりしてるから。


ただ ただ

ミレーの「種をまく人」のように

描いていればいいんだな と思いました。



種をまくことの意味を 価値を 知ってさえいれば

まいている時は無心でいい

なーんとシンプルなことだろうか。。。

んーーすっきり♪

2010年2月16日 (火)

ひとりごと…

思い込みから、自分から、出ることは本当に難しい

そう、今日とことん思いました

肉親、特に親の持つ 願いや想いと

子の持つ 願いや希望は

時にすれ違い、摩擦、衝突、悲しみ…

あ~大変だな、みたいに

大変…なんだろうな、みたいに

思っていた私がいて

ずっと人事と思っていたから

その煩わしさ、もどかしさ、悲しさ…

それらを遠くの花を見るように感じていて

初めて 改めて 自分にもそういう人がいたことを知る

出会っていなかった想い

出会っていたのは自分の想いだけ

ただ それぞれの愛がすれ違う

その悲しさ 侘しさ

教えてくれた その想いに感謝し

無駄にしない その決断だけ

見ていてくれて ありがとう

私は…何も見ていなかったのですね

でも 今は見えています

貴方をみています

2010年2月15日 (月)

心の安全地帯

飲んでいてですね(←って、ここから始めるか~)

これがいい店なんですね

美味しい&安い

しかし、何が一番の魅力かと言うと、お店を切り盛りしてる人達

彼がつくる 安心できる いい空間

で…私たち(素敵女子3名)の目はふとマイボトルが置いてあるスペースへ

この不景気な時代にマイボトルを入れてもらえる そんなお店

そして、その後のお茶タイムでね

(話したりなかったので場所変えしてます)

そんな流れがあったからか、

「ここだったら何言ってもいい」

「この人達なら何でも話せる」

そんな場があったらねって話しになりまして

心の安全地帯…だね

思わず「ワインレッドの心」をピッタリ!はもってしまった。。。

その後、「家に帰る場所がなくて、マイボトルを入れる人もいるんだよ」って話も出て…

悲しいですよね

その人の安全地帯はどこにあるんだろう?

そして、その人は家族の安全地帯になっているのかな?

お財布と相談の安全地帯

マイボトルをいろんなお店に入れていたって

リストラや賃金カットでお店にいけなくなったら無いも同じ

人の心が安心そのものになった時

平和そのものになった時

そう 個人の心が安全地帯そのものなイメージ

そんな個人なら、安全地帯は存在じゃなくて…

人そのもの

だから、人、またその組織が移動したら、

安全地帯も移動する

これからの価値は目に見える不動産や財力ではなく、

人間力に移動しています

心スッキリの個人が その組織が価値を持つ


私もそのひとりでありたい

なりたいな と思います

2010年2月11日 (木)

構造

「エレメント」構造デザイナー セシル・バルモンドの世界、を観てきました。

この人は構造エンジニアではなくて、構造デザイナー。


建築家がデザインした建築を、物理的に成り立たせるサポート的な感じではなく、

建築家とクリエイティブなコラボレーションを行っています。

その彼の大胆かつ繊細なワークを成り立たせているのは…真理。

構造のメカニズムを彼は自然から摂理から受け取っているのですね。

例えば葉っぱ。枝分かれする葉脈から。

例えば絶えず変化する陽の光から。


その自然の摂理・メカニズム・構造は巨大で想像を超える建築物を可能にする。

建築という巨大なマクロ構造の中に、人間(ミクロ)が入る。

あ、でも宇宙というマクロに、建築というミクロが入ってる訳か…。

鋳型と鋳物。鋳物と鋳型。



全体の作品の配置も納得!しちゃうメカニズムがあったような…。

してやられた~って感じで面白かったです。

2010年2月 7日 (日)

マインドームセミナー…自分の変化イメージ

昨日、お久しぶりに「マインドームセミナー」に参加しました。

「脳の認識メカニズム」の不完全を体感できるゲーム、なんですけどね。

…ゲームと侮ることなかれっ!


「ひ~~」 とか

「きゃ~~」 とか

「えぇぇ~~」 とか…

まぁ、ぶっちゃけ びっくりな自分に出会えるので

言葉ともならない、変な擬音語が飛びかう 飛びかう(笑)



私はゲームの後の話が楽しみでですね~

昨日、私のお持ち帰りになった気づきは(自分に丁寧語を使用♪)

自分が人間商品そのものであるイメージがあいまいなこと

それから、ちっちゃい自分を選択するクセがあること

自覚は常々あったんですがね…あるのと現行犯は次元が違うんです


参加者さん全員、「どうせゲームだしぃ」とか覚めた方はいなく…

人生そのものっ!って勢いで燃えてました

このゲームがミクロなら 人生はマクロゲーム

今を楽しめないなら人生も楽しめない

反対にいったら「今ここ」を楽しめるなら、人生に勝利した ということ

きゃ~~

2010年2月 6日 (土)

絶景メカニズム

知的なメンズの仲間と話していて…

好きな景色とか風景


こう 海岸沿いの道から海岸に出る直前の強烈に明るい、その一歩手前 とか

急な山の頂上の いきなり!くらいに広がる上も下もないような空 とか

絶景 と感じるのには人間のというか生命のメカニズムがあると思うのさ

だって「絶景100選」とか写真で見ても まぁ綺麗だけどさ…って感じですもん

現実に圧縮した暗闇の底、閉塞された感覚(闇)

…が開放され 光そのものになる その景色

行ってみないと分からない絶景は、そのメカニズム通りの快感を得てるってこと


「絶景」って「スッキリ」「気持ちいい」んだよねー



Img_1318

これは、その話題の発端となった写真(PCのデスクトップ画像にしている)

カンボジアの空港のカフェから

雨が急に晴れて 光が差した

希望 だな と感じたんだよねー

2010年2月 3日 (水)

こんなん見つけました

本日、渋谷の駅構内で見かけた広告

100203_154901

「自分の幸せだけ願っても叶う気がしないので、

他人の幸せもあわせて願っています。」


「願いは、自分との約束でもある。」



他にもいろんな言葉が。

↓ここに詳しいことがあるそうです。

http://www.agon.org/hoshi2007/agon_hosimaturi.html


自分もなく

他人もなく

幸せを願うことが

人類68億できたら


私の

仲間の

そして きっと 貴方の 本当の願い

私の説明力―道案内編

今日、友人に駅から現地までの道を案内する必要がありまして…

誘導するって言うか…


地図を持ってても、迷子になれる才能(?)を持っているワタクシ。

ちゃんと説明なんて出来ないよ~

…で、友人Aちゃんに「苦手だから代わって」って言いました。


「説明できない」のがイメージできないらしいAちゃん。

楽しそ~うに「ためしにやってみて♪」と…


「駅の改札を出たら左に出てー」(改札はいっこです)

「うん、うん」

「出たらー、セブンイレブンが見えるからー」

「セ、セブンイレブン?」

「…ん?」

「ローソンじゃなくて?」

「ロ、ローソン? そ、そーだった…ね」

どう認識していたの~?とAちゃんは大笑い。

「…コンビニ」

「…青いコンビニ」

私の認識はイメージだけで、名前まで繋がってないらしい(汗)


いや~迷わせるわ、そりゃ。

近くにセブンイレブンあるし。


小さい頃から名前を覚えることに意味を感じられなくて、

覚えることの多い勉強って苦手だったなー

これ暗記したら帰っていいよ、とか言われると覚えるから

記憶力がまったくないわけではないらしく…


人に何か説明する時、固有名詞を間違えやすい私なのですが、

その訳がわかったような。。。


あ、ちなみに出来る出来ないで○×したりがない、

ナイスなゼロヒューマン女子のAちゃんは

「チョー受けるんだけど!」と楽しそうでした。


あと「ミヤビちゃんの道案内は信用しないで聞く」(by Aちゃん)という、

大切な共通認識を本日お持ちになったそうです(笑)


はい。よろしくお願いします。

2010年2月 2日 (火)

ソーシャルメディア

Twitter(ツイッター)

…はやってますよね~


今まではコンテンツ(情報)を発信するには

コンテナ(既存のメディア媒体)が必要だった

けど今って、ソーシャルメディアがコンベアの役割を果たして

発信の形が大激震

人そのものがメディアになってくる訳ですね

で、私は思うのだけど

それって人の発信するメッセージがメディアになるってこと

判断基準がメディアになるとも言え…

Twitterってフォローのシステムで広がっていっている

そう! その判断基準いいね! 1票!ってな感じ


あなたはどんな判断基準をフォローしますか?

どんな判断基準だったら、この時代危機の突破・代案となり、

人間1人1人の心が健康になると思いますか?



私はですねぇ~

14年前から一貫して日本人が世界の希望だと伝え続けている

Noh Jesuさんをフォローしまーす

2010年2月 1日 (月)

あれ?

もしかして…投稿するの、今年お初かも。。。



え~と…

寒中お見舞い申し上げます(ぺこっ!)

2010

2010年は新年早々、風邪をひき幕開け(泣)。

まー基本的に忙しく、充実。有難いことです。


2010年もやってることは出会いだけ。

自分の考えだけに出会っていくのじゃなく、

深~く 広~く 出会って行きたいですねぇぇ~


先日も女子でイタリアンを囲み、トークしてたら出てくる出てくる。

いかに自分の思い込みに固定され、もったないことしてたのか!って。


でも。。。それだけもったいないことしてきたのに結構いえかなり行けてるよね?

じゃあ、固定観念(観点)を変化させるキーを手に入れたらさ。。。

と、盛り上がりニンニク料理を食べ過ぎました(笑)

どーなるんだ、2010年っ!

スゴイコトになりますよー

一緒に次元上昇しましょう~




考えでぐるぐる ぐるぐ~る に疲れた人

もうタップリ頑張って手が尽きたなーという人

お話しましょ☆

違う角度から見たって解決はありません

アインシュタインも言ってるよね

問題が起きた次元と同じ次元では、問題解決しません


今年もよろしくお願いします(*゚▽゚)ノ

« 2009年12月 | トップページ | 2010年3月 »

フォト
2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

イベント

これから

最近のトラックバック

無料ブログはココログ