« たくさんの初めまして | トップページ | ほっとかない…らしいです3/5 »

2009年3月 2日 (月)

悲しかったわけ

昨年カンボジアを旅行した時のことで、

ビックリするやら悲しいなぁ~と感じたシーンがあったのですが

それが深いところで、何を感じて悲しかったのか、わかりました。


そこは影絵を見ながら食事のできるレストランだったんですけど、

お隣のテーブルに日本人の熟年女性たちのグループがいらっしゃいました。

彼女たちはお料理がテーブルに運ばれ始めるやいなや「お酢がないわね!」って。

コーディネイターらしき人を通じて訊いてましたが、なかった模様。

クメール料理という伝統料理のお店でしたしね~


私は味見をすることもなく所望していたことや、

当然あるはず、という会話にビックリ。

…で、なぜか悲しい気持ちになったの。



それは「出会い」を限定する、自分の固定した「出会い」しか受け入れない

姿勢に対してだったのかなーと思いました。

わざわざ飛行機に乗り、お金をかけて違う国に行き、

違う文化に触れる機会を得ているのに。

その国で育った野菜や肉や魚を使って、

その国で育った人が、

愛情を持って調理してくれた、

その一品。


それにそのままいただくこともせず、

お酢や醤油(自分の観念)をかけ、

ありのままの味とは出会わない。




あーーー

あーーーー

あーーーーー!

もったいないーーーー!

悲しいーーーーーー!!



そして何より悲しかったのは

それを「お料理」という具体的なことなら違和感を感じられるのに

意識の中では、やってしまっていることの多い自分に対してです。


今、丸ごと受け取りたいって心を用意して臨んだときだけ

どうにか、まあまあ…という現在地の私です。


部分じゃなくって

自分が無意識にOKを出した部分だけじゃなくって

全体と出会いたい、と思います。

うぅーーん。

要変化だ、自分。

楽しみですけどね(あえて強気に言ってみた)


ダメだし、よろしくーー!!

« たくさんの初めまして | トップページ | ほっとかない…らしいです3/5 »

日常徒然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512398/44218487

この記事へのトラックバック一覧です: 悲しかったわけ:

« たくさんの初めまして | トップページ | ほっとかない…らしいです3/5 »

フォト
2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

イベント

これから

最近のトラックバック

無料ブログはココログ