« 5月10日・イベントに出展します | トップページ | ミステリーツアー6日目 »

2008年4月26日 (土)

ミステリーツアー5日目その2

トゥクトゥクは三度目のエンストにもめげず出発。加減をしながら走る、

ドキドキ。

Img_1314

事前の質問。

「オショクジ」

「ジャパン?コリア?インディア?」

  ↓

コリア、セレクト♪

Img_1309 Img_1310

で、ここでもこんなことに(5ドルだよ)

その後マッサージに寄ってから空港へ。

ありがとう、お兄さん。私のランチ中にどこからかガソリンを調達したようだけど

ガソリン売ってるとこ近くに見当たらなかったな。

Img_1315 空港のカフェにて。

ネットも出来たので見てみるけど遅い。空港ですら遅いのね。

ixiにちょっと日記を書く。

では、次の地へ!いざベトナムはハノイへ。

飛行機の中で「貴方、山ではぐれた人ね!」と隣の女性に声をかけられる。

そうです。私はバケン山で助けを求めたガイドさんの熟年ツアーグループの皆様に囲まれていたのです。

なんか、ツアーグループに囲まれている座席だとは思っていたけど。

返事の変わりに大笑いしてしまったんでした。

興味をそそってしまったらしく、離陸際にお話をする。

他の方々も加わり、談笑。無事を喜ばれました。ありがとうございますーhappy01

さて、ハノイ。着いたのはもう夜。

ホテル決めてませんので、空港のブッキングカウンターに。

そこでホテルと翌日のオプショナルツアーの予約。

んでこの時、隣にいたインド人とタクシー代を割り勘することに。

しかし、すごいぞ。この人。いやもう何から何まで値切ってます。

でもカード支払いの手数料までオフにしろって言うかい?

その割にはかばんに「ビジネスクラス」のタグが付いている。

まあ、安く済むのは有難いですね…

って思ったら、高いからとバス、それも地元の乗り合いバスじゃん。

しかも、地元の人ですらちゃんと払ってるのに、ペアで乗るからと値切っていた。

意味分からないー、ここに到達する過程で既にドン引き。

商人だ、インド人。

まあ、結果的にとても安くホテルにつけました。

さらに交渉してくれて、私のみポイント地点よりもホテル近くまで行って、

そこからバイクタクシー。

(ここはベトナム人が嘘つきで最後まで行くとインド人には言ってた)

このバイクタクシー代を西洋人の男の子が「高いよ!」とディスカウントしてくれた。

この人はバスの中で「ユーアー、ライヤー!」と何度も叫んで喧嘩していた人。

おそらく、適当なこと言われてバスに乗ったんでしょうね。

嘘についてはボッタクリも多いわけだし否定できないですが…

私の乗ったバイクタクシーが始め別のホテルに着いちゃったら、そこにいた人が

「同じグループのホテルだから、ここでいい。泊まってけ」とか言ってるんですよ。

良いわけないでしょう。

適当だ~

そして、やっとこチェックインして夜はふけていく。

この間の写真は全然ありません。

ぎゅうぎゅうの地元バスに押し込められ、プラス多国籍状態。

ミステリーツアーなんて言ったからこうなるのか?

こうなるから書こうと思ったのか?そこがそもそもミステリー。

今日はお疲れさまでした、解散です!

« 5月10日・イベントに出展します | トップページ | ミステリーツアー6日目 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512398/40994551

この記事へのトラックバック一覧です: ミステリーツアー5日目その2:

« 5月10日・イベントに出展します | トップページ | ミステリーツアー6日目 »

フォト
2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

イベント

これから

最近のトラックバック

無料ブログはココログ